Apacheのエイリアスの設定

カテゴリ:Webサーバ

CentOS/Ubuntu 両対応

Apacheの初期設定のドキュメントルートは /var/www/html なので、このディレクトリ配下にWebサイトのデータを置けば、ファイルシステムのディレクトリがそのままURLのディレクトになります。

しかし、サブディレクトリにphpMyAdminやモバイルサイトを置いている場合などは、サイトのコンテンツかツールかが見分けにくく紛らわしいため、特定のサブディレクトリを独立して他のディレクトリに配置したい場合があります。
その場合、httpd.conf でエイリアスを設定します。

CentOS の場合:

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

Ubuntu の場合:

# vi /etc/apache2/mods-enabled/alias.conf

例えば、/var/www/mobile にモバイルサイトのデータを置いている場合は、以下を追記します。

Alias /mobile/ "/var/www/mobile/"

設定後、以下のコマンドでApacheを再起動します。

CentOS の場合:

# systemctl restart httpd

Ubuntu の場合:

# systemctl restart apache2

Webブラウザで該当のサブディレクトリが表示されるかを確認します。

http://サーバーのIP/mobile/

ちなみに、初期設定では以下の2つがエイリアスとして設定されています。

CentOS の場合:

Alias /icons/ "/var/www/icons/"
Alias /error/ "/var/www/error/"

Ubuntu の場合:

Alias /icons/ "/usr/share/apache2/icons/"

公開日時:2014年07月19日 21:27:38
最終更新日時:2021年08月21日 07:29:06

なお、VPS選びで迷ったら、こちらの記事で主要VPSのメモリ容量ごとの月額、年額料金を比較していますので、是非参考にしてみてください。

Webサーバに戻る

このページのトップに戻る