JDK のインストールと設定

カテゴリ:Java

JDKのインストール

クライアントマシンで JDK をダウンロードして scp コマンド等で VPS にアップロードします。

JDKをインストールします。

rpm の場合

# rpm -ivh jdk-6u37-linux-amd64.rpm

rpm.bin の場合

# sh jdk-6u37-linux-x64-rpm.bin

alternativesコマンドで使用するJDKを設定

JDKを登録する場合のコマンド

JDKを「alternatives」コマンドを使って登録します。
# alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/jdk1.6.0_37/bin/java 16037
JDKを「alternatives」コマンドを使って選択します。
# alternatives --config java

3 プログラムがあり 'java' を提供します。

  選択       コマンド
-----------------------------------------------
*+ 1           /usr/java/jdk1.6.0_37/bin/java
   2           /usr/lib/jvm/jre-1.6.0-openjdk.x86_64/bin/java
   3           /usr/lib/jvm/jre-1.5.0-gcj/bin/java

Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:

JDKの登録を削除する場合のコマンド

# alternatives --remove java /usr/java/jdk1.7.0_45/bin/java

使用中のJavaのバージョンを確認する

javaコマンドに「-version」オプションを付けて実行します。
# java -version
java version "1.6.0_37"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_37-b06)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 20.12-b01, mixed mode)

公開日時: 2014年08月09日  07:33:33

Javaに戻る

このページのトップに戻る