「さくらのVPS」と「お名前.comのVPS」を比較してみた

カテゴリ:VPS比較

5つの観点から「さくら」と「お名前.com」のVPSを評価してみました。

Note 以下は 2020/10/1 時点での情報を基に記述しています。

スペック

人気があるであろう、メモリ1GBと2GBのプランを比較してみますが、さくらはすべてSSDなのに対し、お名前.comはすべてHDDです。
それを踏まえると、1GBプランはさくらの方が安くお得、2GBプランではさくらの方が年額で4,000円程度高いですが、SSDである点を考慮するとさくらのコストパフォーマンスは圧倒的ですね。
更に、さくらの場合は1GBプランは1,000円、2GBプランは2,000円の変更費用でSSDの容量を倍にすることができ、特にストレージのコストパフォーマンスは半端ありません。
なお、さくらもお名前.comも初期費用は無料です。

プランで比較

さくらお名前.com
メモリ1GBプラン
月額800円(石狩)986円
年額8,800円(石狩)9,523円
初期費用無料無料
CPU仮想2コア仮想2コア
メモリ1GB1GB
ディスク容量SSD:50GBHDD:100GB
メモリ2GBプラン
月額1,580円(石狩)1,315円
年額17,380円(石狩)13,187円
初期費用無料無料
CPU仮想3コア仮想3コア
メモリ2GB2GB
ディスク容量SSD:100GBHDD:200GB

※料金は消費税抜きのものです。
※月額はお名前.comは1ヶ月契約、さくらは1年未満の契約時のものです。
※年額はお名前.com、さくら共に1年契約時のものです。
※さくらはゾーンが石狩、東京、大阪とありそれぞれ料金が異なります。最も安い石狩ゾーンの料金で比較しています。

Note料金は通常料金で掲載・比較しています。キャンペーンで特定のプランが割引料金になる場合がありますが、一時的なものであるため除外しています。

お試し期間

試用期間もほぼ同じです。
どちらも2週間程度は試すことができるため、使い比べてどちらを選択するかを考えてもいいでしょう。

さくらお名前.com
お試し期間2週間15日間

OSサポート

標準OS

OSのインストールは、標準OS、カスタムOS、ISOからのインストールが可能です。
標準OSは以下となります。

さくらお名前.com
標準OS CentOS 6(x86_64)
CentOS 7(x86_64)
CentOS 8(x86_64)
Ubuntu 16.04(amd64)
Ubuntu 18.04(amd64)
KUSANAGI(CentOS 7 x86_64)
CentOS 7.5 x86_64

用意されているカスタムOS

さくらお名前.com
カスタムOS CentOS 6(x86_64、i386)
CentOS 7(x86_64)
CentOS 8(x86_64)
Scientific Linux 6(x86_64、i386)
Scientific Linux 7(x86_64)
Ubuntu 16.04(amd64)
Ubuntu 18.04(amd64)
Ubuntu 20.04(amd64)
FreeBSD11(amd64)
FreeBSD12(amd64)
Debian 9 (amd64)
Debian 10 (amd64)
Fedora 31(x86_64)
openSUSE Leap(Leap 15.0)
CentOS 7系
CentOS 6系
Debian-9系
Debian 8系
FreeBSD 11系
Ubuntu 16.04LTS
Arch Linux

コントロールパネル

コントロールパネルから行える事もほぼ同じです。
VPSの起動、停止、再起動の他に、VNCコンソール(リモートコンソール)、シリアルコンソール、OSのインストールなどです。
なお、さくらはユーザー名以外にIPアドレスでのログインも可能です。
参考として、コントロールパネルとリソース情報のスクリーンショットを載せておきます。

さくら



さくらのVPSのコントロールパネルは項目ごとにシンプルにまとまっており、分かりやすいです。

お名前.com



お名前.com VPSは左側にサーバー情報などが一覧表示されており、1画面の情報量を重視している感じです。

バックアップ機能

バックアップ機能としては、お名前.comではスナップショット機能があり、障害発生時に迅速な復旧が行えます

一方、さくらのVPSには残念ながらバックアップ機能(スナップショット機能)はありません。

SSL証明書

Googleが推奨していることもあり、ショップサイトではなくても常時SSLが一般的になってきました。
VPSと同時にSSLも契約という方も多いと思いますので、VPS側で用意しているSSL証明書を比較します。
価格では圧倒的にさくらに軍配が上がります。

さくら

何と言っても格安のラピッドSSLが魅力的です。
3年で契約してしまいましょう。


追記:
現在は最長で2年までの契約となっています。
現在の最安はJPRSで1年で990円、2年で1,870円です。

お名前.com

お名前.comはグローバルサインと提携してお名前.com提供SSL証明書として販売していますが、1年でも24,000円と高めです。


Webminのシステム情報

最後に現在使用中のメモリ1GBプランの両方のVPSのWebminのシステム情報の画面を載せます。

さくら

お名前.com

違いとしては、さくらの方はホスト名が初期設定で localhost.localdomain になっていますが、お名前.comはきちんと FQDN が設定されています。
またプロセッサ情報も、さくらは「Westmere E56xx/L56xx/X56xx (Nehalem-C), 2 cores」ですが、お名前.comは「Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T7700 @ 2.40GHz, 2 cores」として表示されています。

使用してみての所感

実際にはさくらとお名前.comでは、サーバーの動作自体には違いは感じられません。
どちらが重いとか、遅いとかそういった事はありません。
ただストレージへのアクセスが集中するような状況ではSSDとHDDの差は顕著に表れるかもしれません。

軍配は?

軍配はオールSSDで、且つストレージ容量のコストパフォーマンスも圧倒的である「さくらのVPS」に上げさせていただきます。
大容量SSDをコストを抑えて利用したい方はさくらのVPSの一択になるでしょう。

追記:
なお、SSDという点ではConoHaのVPSも魅力的な候補になります。
ConoHaが良い点は「ConoHaのVPS」と「さくらのVPS」を比較してみた ?の記事をご参照ください。

関連 「ConoHaのVPS」と「さくらのVPS」を比較してみた ?
「さくらのVPS」の評価と各プランの詳細比較
「お名前.comのVPS」の評価と各プランの詳細比較

公開日時: 2016年03月18日  23:31:27

本格的なスキルを身につける

Linux/ITエンジニアとしてのスキルを身につけるにはLPI-Japanアカデミック認定校リナックスアカデミーがおすすめですよ。

VPS比較に戻る

「VPS比較」に関する他のTips

このページのトップに戻る