SSHのアクセス制限の設定

カテゴリ:SSH

CentOS/Ubuntu 両対応

rootユーザーのログインを許可する

SSHは初期設定ではrootユーザーのログインは許可していません。
セキュリティ上好ましくありませんが、もしrootのログインを許可する場合は、/etc/ssh/sshd_configをviで開き、以下のパラメータのコメント(#)を解除します。

PermitRootLogin yes

※noを指定するとrootユーザーのログインを拒否します。

ログインできるユーザーを制限する

SSHでログインできるユーザーを制限する場合は、AllowUsers を追加し、許可したいユーザーをスペース区切りで指定します。

AllowUsers root hoge

※AllowUsersに指定されていないユーザーは拒否します。

接続ポートを変更する

SSHの接続ポートは初期設定では22ですが、セキュリティを高めるために変更する場合は、以下の行のコメントを外して使用していない任意のポート番号(1024~65535)を指定します。

Port 22

設定を反映するためには、sshdを再起動します。

# systemctl restart sshd

公開日時:2014年07月19日 09:38:36
最終更新日時:2021年08月19日 08:03:16

なお、VPS選びで迷ったら、こちらの記事で主要VPSのメモリ容量ごとの月額、年額料金を比較していますので、是非参考にしてみてください。

SSHに戻る

「SSH」に関するTips

このページのトップに戻る