ConoHaのVPSでKernel panic発生時に前のカーネルに戻す手順

カテゴリ:トラブル

CentOS 7のパッケージを更新後、Kernel panicでOSが起動できなくなり、前のカーネルに戻して復旧しましたので、その手順を記録として残します。

コンソールを開くとカーネルパニックで起動に失敗してる事が確認できます。 今回の場合「VFS: Unable to mount root fs on unknown-block(0,0)」のエラーでした。

コンソールを起動したままで、VPSを再起動します。

コンソールの左上の [再読み込み] を何度かクリックします。

Noteタイミングが合わないとカーネル選択画面が表示されませんが、その場合は表示されるまで何度か試してください。

カーネル選択画面が表示されたら、1つ前のカーネルを選択して起動します。

起動後、現在のカーネルを確認します。

# grub2-editenv list
saved_entry=CentOS Linux (3.10.0-1127.el7.x86_64) 7 (Core)

カーネルのリストを確認します。

# awk -F\' '$1=="menuentry " {print i++ " : " $2}' /etc/grub2.cfg
0 : CentOS Linux (3.10.0-1127.el7.x86_64) 7 (Core)
1 : CentOS Linux (3.10.0-1062.18.1.el7.x86_64) 7 (Core)
2 : CentOS Linux (3.10.0-1062.12.1.el7.x86_64) 7 (Core)
3 : CentOS Linux (3.10.0-1062.9.1.el7.x86_64) 7 (Core)
4 : CentOS Linux (3.10.0-1062.4.1.el7.x86_64) 7 (Core)
5 : CentOS Linux 7 Rescue 341b2cae4f874e5599e72a4bfb1010cc (3.10.0-862.14.4.el7.x86_64)
6 : CentOS Linux (0-rescue-f7d584f0539b4039b0255b17576f5907) 7 (Core)

1つ前のカーネルを選択します。

# grub2-set-default 1

OSを再起動します。

# reboot

以上で復旧完了です。

追記:
ちなみに原因はアップデートされたカーネルのinitramfsファイルが無いためでした。 以外記事を参考に手動修復で根本復旧できました。ありがとうございました。
http://vild.hatenablog.com/entry/2016/08/19/233547

このような不測の事態が起きても慌てる事なく迅速に復旧できるよう、自動バックアップを有効にしましょう。ConoHaのVPSでは月額300円で自動バックアップを有効にできます。(サーバの停止なく毎週自動でバックアップが取得されます)

ConoHaのVPSの自動バックアップの一覧

公開日時: 2020年05月10日  20:36:39

本格的なスキルを身につける

Linux/ITエンジニアとしてのスキルを身につけるにはLPI-Japanアカデミック認定校リナックスアカデミーがおすすめですよ。

トラブルに戻る

「トラブル」に関する他のTips

このページのトップに戻る