nginxのインストール

カテゴリ:Webサーバ

nginx(エンジンエックス)はHTTPおよびリバースプロキシサーバー、メールプロキシサーバー、一般的なTCP / UDPプロキシサーバーの機能を持ったソフトウェアです。
高速で軽量、高負荷でも安定動作し、Apacheに比べて大量の同時アクセスに強いため人気急上昇中のHTTPサーバーアプリです。

nginxの公式サイト:
http://nginx.org/en/linux_packages.html

nginxが対応しているCentOSのバージョンは、6.xxもしくは7.4以降となります。
RHEL/CentOS
Version Supported Platforms
6.xx 86_64, i386
7.4+ x86_64, ppc64le

リポジトリの設定

yumでインストールするためにリポジトリを追加します。
yum-utilsパッケージがインストールされていない場合はインストールします。
# yum install -y yum-utils
/etc/yum.repos.d/nginx.repoファイルを作成し、以下を記述します。
# vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo
※nginx-stableは安定版、nginx-mainlineは最新版を意味します。
新機能やバグフィックスなどは最初にnginx-mainlineに取り入れられます。
[nginx-stable]
name=nginx stable repo
baseurl=http://nginx.org/packages/centos/$releasever/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=https://nginx.org/keys/nginx_signing.key

[nginx-mainline]
name=nginx mainline repo
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/$releasever/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=https://nginx.org/keys/nginx_signing.key

nginxをインストール

nginx-mainlineをインストールする場合は以下を実行しておきます。
# yum-config-manager --enable nginx-mainline
nginxをインストールします。
# yum install -y nginx

nginxの自動起動を有効にする

以下のコマンドを実行し、nginxを自動起動に設定します。

CentOS 6の場合:

# chkconfig nginx on
CentOS 7以降の場合:
# systemtl enable nginx

実行例)

# systemctl enable nginx
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/nginx.service to /usr/lib/systemd/system/nginx.service.

nginxを起動

以下のコマンドを実行し、nginxを起動します。

CentOS 6の場合:

# service nginx start
CentOS 7以降の場合:
# systemtl start nginx

公開日時: 2019年05月05日  21:28:31

Webサーバに戻る

このページのトップに戻る