nginxの設定

カテゴリ:Webサーバ

CentOS/Ubuntu 両対応

nginxの基本的な設定について解説いたします。

nginxの設定ファイル

nginxの設定ファイルは /etc/nginx/nginx.conf です。
設定ファイルは{}で囲まれたブロック単位で記述します。

初期設定時のnginx.confファイル:

user nginx;
worker_processes 1;
error_log /var/log/nginx/error.log warn;
pid /var/run/nginx.pid;

events {
worker_connections 1024;
}

http {
    include /etc/nginx/mime.types;
    default_type application/octet-stream;
    log_format main '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                    '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                    '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';
    access_log /var/log/nginx/access.log main;
    sendfile on;
    #tcp_nopush on;
    keepalive_timeout 65;
    #gzip on;
    include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
}

設定ファイルの内容を見て想像できるようにhttpブロックがhttpサーバーの設定です。
ブロックは入れ子構造で設定するため、HTTPサーバーを追加する場合、httpブロック内に、serverブロックを追加し必要なパラメーターを記述します。

serverブロックの追加

serverブロックで最低限必要なパラメーターは以下になるかと思います。

パラメーター説明
listenリスンするIPアドレスとポートを指定(ポートのみを指定した場合すてべてIPアドレスにバインド)
server_nameサーバ名を指定
locationドキュメントルートからの相対パスを指定
rootドキュメントルートのパスを指定(デフォルト/usr/share/nginx/html)
indexファイル名が指定されていない場合に自動で探して表示させたいファイルを指定
charsetレスポンスヘッダのContent-typeを指定する

serverブロックの設定例)

http {
    server { 
        listen 80; 
        server_name example.com;
        location / { 
            root /var/www/html
            index index.html index.htm; 
        } 
        charset UTF-8; 
    }
    include /etc/nginx/mime.types;
    default_type application/octet-stream;
    log_format main '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                    '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                    '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';
    access_log /var/log/nginx/access.log main;
    sendfile on;
    #tcp_nopush on;
    keepalive_timeout 65;
    #gzip on;
    include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
}

設定後、以下のコマンドを実行し、nginxを起動します。

# systemtl restart nginx

nginxが80番ポートでリスンしていることを確認します。

# ss -anp | grep :80
tcp LISTEN 0 128 *:80 *:* users:(("nginx",pid=29857,fd=6),("nginx",pid=29856,fd=6))

テストページの表示

/var/www/html/index.htmlファイルを作成し、簡単なHTMLページを記述します。
nginxを再起動した上でWebブラウザから http://サーバーのIP/ を開き、テストページが表示されることを確認します。

仮想ホストの設定

仮想ホストを設定する場合は、以下のようにhttpブロック内にserverブロックを追加します。
server_nameにサーバ名、rootにドキュメントルートを指定する以外は同じです。

server { 
    listen 80; 
    server_name hoge1.com;
    location / { 
        root /var/www/html/hoge1
        index index.html index.htm; 
    } 
    charset UTF-8; 
}
server { 
    listen 80; 
    server_name hoge2.com;
    location / { 
        root /var/www/html/hoge2
        index index.html index.htm; 
    } 
    charset UTF-8; 
}

参考サイト:
https://docs.nginx.com/nginx/admin-guide/web-server/web-server/

公開日時:2019年05月05日 22:10:21
最終更新日時:2021年08月19日 12:56:19

なお、VPS選びで迷ったら、こちらの記事で主要VPSのメモリ容量ごとの月額、年額料金を比較していますので、是非参考にしてみてください。

Webサーバに戻る

このページのトップに戻る