DockerのWeb管理ツール(DockerUI)の導入手順

カテゴリ:コンテナ仮想化

Dockerの操作は基本的にコマンド操作になりますが、コンテナ数が増えてくるとコマンドベースの操作では操作が煩雑になりがちです。そのような場合には、Webブラウザ上からのUIによる操作が大きな手助けになります。

この記事ではDockerのWeb管理ツールとしてDockerUIの導入方法について解説いたします。

Note以降は CentOS 8 + Docker 19.03.12 環境での手順となります。

DockerUIイメージの取得

以下のコマンドでDockerUIのイメージを取得します。

docker pull kevan/dockerui

DockerUIの起動

以下のコマンドでDockerUIを9000番ポートで起動します。

docker run -d -p 9000:9000 --privileged --name dockerui -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock kevan/dockerui

Note-dオプションが指定されているため、DockerUIコンテナはデタッチした状態で起動します。

例)

# docker run -d -p 9000:9000 --privileged --name dockerui -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock kevan/dockerui

5c83deed8f6c70311dabb7eea893226e16e58fc78706bc42c294f6423fc4f878

docker psコマンドで起動したDockerUIのコンテナを確認してみます。0.0.0.0:9000でリスンしていることが確認できますね。

# docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED              STATUS              PORTS                    NAMES
5c83deed8f6c        kevan/dockerui      "/dockerui"         About a minute ago   Up About a minute   0.0.0.0:9000->9000/tcp   dockerui

DockerUIへのアクセス

まず、docker inspect コマンドでDockerUIコンテナのIPアドレスを確認します。

# docker inspect dockerui
...
            "Networks": {
                "bridge": {
                    "IPAMConfig": null,
                    "Links": null,
                    "Aliases": null,
                    "NetworkID": "bbb0da3e3a86fcee39250efb2822fae829541b35f029ff3f5a7e4311cef2c3e6",
                    "EndpointID": "44dd65019bb395eb4592db21d41f8608cf97809fd741bbaec35de91886986204",
                    "Gateway": "172.17.0.1",
                    "IPAddress": "172.17.0.2",
                    "IPPrefixLen": 16,
                    "IPv6Gateway": "",
                    "GlobalIPv6Address": "",
                    "GlobalIPv6PrefixLen": 0,
                    "MacAddress": "02:42:ac:11:00:02",
                    "DriverOpts": null
                }
            }

Webブラウザで以下のURLを開きます。

http://"DockerUIのホスト名またはIPアドレス":"DockerUIのポート"

例)

以下にDockerUIのスクリーンショットを載せておきます。Webブラウザ上からコンテナの停止、強制終了、一時停止、再起動ができて、非常に便利ですね。

ダッシュボード
コンテナ一覧
コンテナの操作画面
イメージ一覧
ネットワーク一覧

公開日時: 2020年08月26日  08:38:12

本格的なスキルを身につける

Linux/ITエンジニアとしてのスキルを身につけるにはLPI-Japanアカデミック認定校リナックスアカデミーがおすすめですよ。

コンテナ仮想化に戻る

「コンテナ仮想化」に関する他の手順
「コンテナ仮想化」に関するTips

「コンテナ仮想化」に関するTipsはありません。

このページのトップに戻る