ネームサーバーとAレコードの設定

カテゴリ:DNS

VPSへの移行が完了したら、ドメインのDNSを変更してAレコードをVPSのIPアドレスに向けます。

ネームサーバーの登録

まず、自ドメイン用のネームサーバーを登録します。
つまり自分のドメインの情報を持つDNSサーバーを作ります。

ドメインのレジストラがお名前.comの場合で、お名前.com のVPS(KVM)を使用している場合は、ドメイン管理ツールの「ネームサーバーの設定」から、「お名前.com各サービスを利用」欄の「VPS(KVM)」の設定ボタンから登録できます。

もし、ドメインがお名前.com以外の場合はドメイン管理ツールでネームサーバーの設定項目があるはずですので確認しましょう。

Aレコードの登録

ネームサーバーが登録できたら、「DNS関連機能の設定」「DNSレコード設定を利用する」を開き、Aレコードを登録します。
サブドメインなしのドメインのAレコードを登録する場合は、「ホスト名」を空にして、「VALUE」欄にVPSのIPアドレスを登録します。
ホスト名がwwwの場合も忘れずに登録します。
※Apacheの.htaccessファイルでwwwあり、なしを統一するためのリダイレクトの設定が必要です。

DNSの登録内容の確認方法

DNSにレコードを登録したら、設定が反映するまでに数時間から数日間待つ事になります。
自宅で使っているISPのDNSを参照して登録内容を確認する場合は、digコマンドを実行します。

digコマンドのインストール

yumコマンドでbind-utilsをインストールします。
# yum -y install bind-utils

Aレコードを確認する

Aレコードを確認する場合は、以下のようにdigコマンドの後にドメイン名、その後にaを指定します。
# dig example.com a
例)このサイトのドメイン linux-svr.com の場合
# dig linux-svr.com a
;; QUESTION SECTION:
;linux-svr.com.                 IN      A

;; ANSWER SECTION:
linux-svr.com.          3561    IN      A       157.7.129.80

ネームサーバー(NSレコード)を確認する

ネームサーバーを確認する場合は、以下のように最後にnsを指定します。
# dig linux-svr.com ns
例)
# dig linux-svr.com ns
;; QUESTION SECTION:
;linux-svr.com.                 IN      NS

;; ANSWER SECTION:
linux-svr.com.          86400   IN      NS      01.dnsv.jp.
linux-svr.com.          86400   IN      NS      04.dnsv.jp.
linux-svr.com.          86400   IN      NS      02.dnsv.jp.
linux-svr.com.          86400   IN      NS      03.dnsv.jp.

;; ADDITIONAL SECTION:
01.dnsv.jp.             80266   IN      A       157.7.32.53
02.dnsv.jp.             80312   IN      A       157.7.33.53
03.dnsv.jp.             79037   IN      A       157.7.32.35
04.dnsv.jp.             79037   IN      A       157.7.33.35

DNSが反映されるまでの確認方法

各IPSのDNSは、それぞれキャッシュの保持期間が異なりますので、DNSの設定によっては反映までに1周間程度かかる場合があります。
※BINDのキャッシュの最大TTLのデフォルト値は604800秒(1週間)
キャッシュが更新されるまでの間は、以下のように「@」の後に、自ドメインのネームサーバーを指定してクエリを実施することで変更内容を確認できます。
# dig linux-svr.com a @01.dnsv.jp
;; QUESTION SECTION:
;linux-svr.com.                 IN      A

;; ANSWER SECTION:
linux-svr.com.          3600    IN      A       157.7.129.80

;; AUTHORITY SECTION:
linux-svr.com.          86400   IN      NS      02.dnsv.jp.
linux-svr.com.          86400   IN      NS      03.dnsv.jp.
linux-svr.com.          86400   IN      NS      01.dnsv.jp.
linux-svr.com.          86400   IN      NS      04.dnsv.jp.

;; ADDITIONAL SECTION:
01.dnsv.jp.             86400   IN      A       157.7.32.53
02.dnsv.jp.             86400   IN      A       157.7.33.53
03.dnsv.jp.             86400   IN      A       157.7.32.35
03.dnsv.jp.             86400   IN      AAAA    2400:8500:3000::53
04.dnsv.jp.             86400   IN      A       157.7.33.35
04.dnsv.jp.             86400   IN      AAAA    2400:8500:3fff::53

DNSのレコードの種類

DNSには主に以下のレコードがあります。

SOA

ドメインの情報を表示するためのレコードです。
ドメインのDNSサーバー名や管理者のメールアドレス等を登録します。
※メールアドレスを登録する場合は、「@」は「.」に変え、ドメインの末尾に「.」を付けるという決まりがあります。

例)

@ IN SOA dns.example.com. admin.example.com.
お名前.comの場合、以下が登録されています。
※お名前.comはSOAレコードは固定です。
# dig linux-svr.com soa
linux-svr.com.          86400   IN      SOA     01.dnsv.jp. hostmaster.dnsv.jp. 1405606186 3600 900 604800 300

NS

ネームサーバー(DNSサーバー)を指定します。
名前解決では、ドメインを参照する際に、TLD(トップレベルドメイン)のIPアドレスが登録されているネームサーバー(ルートネームサーバー)を起点にして、ネームサーバーを辿りながら(再帰検索といいます)目的のドメインのAレコードが登録されているネームサーバーにたどり着きます。
従って、目的のAレコードが登録されているネームサーバーが終着点です。
※実際にはTLD(トップレベルドメイン)のIPアドレスは各DNSサーバーがリスト(BINDの場合/var/named/named.ca)で持っています。

A

ホストのIPアドレスを登録します。
VPSの場合、VPSのIPアドレスを登録することになります。

PTR

名前の逆引き用のIPアドレスを登録します。
IPv4の場合は「.in-addr.arpa.」、IPv6の場合は「.ip6.arpa.」の前にホストのIPアドレスを逆順で指定します。

例)IPアドレスが157.7.129.80の場合

80.129.7.157.in-addr.arpa.
80.129.7.157.ip6.arpa.
逆引きする場合は、digコマンドに「-x」オプションをつけます。
# dig -x 157.7.129.80
;; QUESTION SECTION:
;80.129.7.157.in-addr.arpa.     IN      PTR

;; ANSWER SECTION:
80.129.7.157.in-addr.arpa. 300  IN      PTR     v157-7-129-80.myvps.jp.

CNAME

ホスト名(FQDN)の別名を登録します。
ホスト名としてwwwを登録する代わりに、CNAMEにwwwを登録することもできます。

例)www.example.comにアクセスがあった場合にexample.comに転送する場合

ホスト名:www
VALUE:example.com
※Apacheの.htaccessファイルでwwwあり、なしを統一するためのリダイレクトの設定が必要です。

MX

メールサーバーのホスト名を登録します。
MXレコードを登録するためには、先にそのMXレコードのホスト名のAレコードを登録する必要があります。
また、MXレコードには優先度があり、数値が低いほど優先度が高くなります。
複数のMXレコードが登録されている場合、MTAはMXレコードの優先度が最も高いサーバーに配送を試みます。
もし、優先度が最も高いMXのサーバーが停止していれば、次に優先度が高いMXのサーバーに接続を試みます。
つまり優先度の設定により、プライマリー、セカンダリーのMTAの構成(冗長構成)を設定できます。

また、優先度が同じMXレコードが複数存在する場合は、MTAはラウンドロビンで配送を実施します。
この設定は負荷分散を実施する場合に設定します。

なお、一般的なMTAの場合、MXレコードが無ければ、ホストのAレコードに配送を試みるため、VPSでは、通常はMXレコードの登録は必要ありません。
冗長化や負荷分散のために複数のMTAを配置している場合は、MXレコードを登録しましょう。

TXT

テキストの情報を登録するレコードです。
様々な用途で使用されますが、特に最近は送信者詐称メールを防止するための MTA の機能である SPF (Sender Policy Framework)などで使用します。

公開日時: 2014年07月27日  18:05:50

DNSに戻る

「DNS」に関するTips

「DNS」に関するTipsはありません。

このページのトップに戻る