SELinuxの無効化の設定

カテゴリ:VPSの導入

SELinuxが有効の場合、予期しない問題を引き起こすことがあるため、無効にしておきます。
なお、標準OSをインストールした場合は初期設定でSELinuxは無効になっています。

SELinuxが有効か無効かを確認

以下のコマンド結果が Disabled 以外なら有効です。
# getenforce
例)
# getenforce
Enforcing

SELinuxを無効にする

有効の場合は、以下の設定ファイルで SELINUX に disabled を指定して無効に設定します。
# vi /etc/selinux/config
SELINUX=disabled
設定を反映させるためにサーバを再起動します。
# init 6
念のため、SELinuxが無効になっているかを確認します。
# getenforce
Disabled

公開日時: 2014年07月19日  20:27:16

VPSの導入に戻る

「VPSの導入」に関するTips

「VPSの導入」に関するTipsはありません。

このページのトップに戻る