Dovecotの設定

カテゴリ:POP3サーバ

基本設定

/etc/dovecot/dovecot.conf をviで開きます。
# vi /etc/dovecot/dovecot.conf
以下のパラメータを追加します。
※IMAPとPOP3を使用する場合
protocols = imap pop3
listen = *
10-mail.conf でメール形式をMBOX形式に指定します。
※Postfix側の形式と合わせる必要があります。
# vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf
mail_location = mbox:~/mail/:INBOX=/var/mail/%u
20-pop3.conf でUIDLフォーマットを「Dovecot v0.99.x」、「Cyrus 2.1.4以上」に設定します。
# vi /etc/dovecot/conf.d/20-pop3.conf
pop3_uidl_format = %v.%u

SSLの設定

DovecotへのSSL証明書の設定を参照してください。

PAM認証の設定

DovecotのPAM認証の設定ファイルをviで開きます。
# vi /etc/pam.d/dovecot
以下の行を削除します。
session    include      password-auth
以下の行を追加します。
account     sufficient     pam_access.so
編集後:
# cat /etc/pam.d/dovecot
#%PAM-1.0
auth       required     pam_nologin.so
auth       include      password-auth
account    include      password-auth
account     sufficient     pam_access.so

Dovecotの起動

Dovecotを起動します。
# service dovecot start
CentOS 7 以降の場合:
# systemctl start dovecot

Dovecotのテスト

mail コマンドでユーザーにメールを送信。
# mail admin@example1.com
Subject: test
test
.
EOT
telnet で POP3 からメールを受信してみます。
telnet が入っていない場合はyumでインストールします。
# yum -y install telnet
telnet で localhost:110 に接続してメッセージを受信してみます。
# telnet localhost 110
Trying ::1...
telnet: connect to address ::1: Connection refused
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
+OK Dovecot ready.
USER example1
+OK
PASS hoge
+OK Logged in.
LIST
+OK 1 messages:
1 569
.
RETR 1
+OK 569 octets
Return-Path: 
X-Original-To: admin@example1.com
Delivered-To: example1@localhost.localdomain
Received: by localhost.localdomain (Postfix, from userid 0)
id 7B3CD260BB8; Mon, 21 Jul 2014 00:19:06 +0900 (JST)
Date: Mon, 21 Jul 2014 00:19:06 +0900
To: admin@example1.com
Subject: test
User-Agent: Heirloom mailx 12.4 7/29/08
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset=us-ascii
Content-Transfer-Encoding: 7bit
Message-Id: <20140720151906.7B3CD260BB8@localhost.localdomain>
From: root@localhost.localdomain (root)

test
.
QUIT
+OK Logging out.
Connection closed by foreign host.
RETRコマンドでメールを受信できれば成功です。
SSL接続を試す場合は、メーラーで以下を設定して受信します。

サーバーの種類:POP3またはIMAP
受信メールサーバー:VPSのドメイン名もしくはIPアドレス
受信ポート:995(POP3)または993(IMAP)
受信するユーザーとパスワード:該当のLinuxのユーザー名とパスワード

受信時に「Error: mkdir(/home/hoge/mail/.imap/INBOX) failed」となる場合

もし maillog に以下のようなディレクトリの作成エラーが記録されメッセージが受信できない場合は、ユーザーを mail グループに追加することで解決します。
これは、/var/spool/mail には初期設定で root ユーザーと mail グループにしか書き込み権限がないためです。
※/var/mail は /var/spool/mail へのシンボリックリンクです。
dovecot: imap(hoge): Error: chown(/home/hoge/mail/.imap/INBOX, -1, 12(mail)) failed: Operation not permitted (egid=508(hoge), group based on /var/mail/hoge)
Error: mkdir(/home/hoge/mail/.imap/INBOX) failed: Operation not permitted
以下の例では hoge ユーザーを mail グループに追加しています。
例)
# usermod -G mail hoge

公開日時: 2014年07月21日  02:06:41

POP3サーバに戻る

「POP3サーバ」に関する他の手順
「POP3サーバ」に関するTips

「POP3サーバ」に関するTipsはありません。

このページのトップに戻る