コストパフォーマンスでVPSを選ぶならここ

カテゴリ:VPS比較

コストパフォーマンスの高いVPS

コストパフォーマンスの高いVPSはさくらのVPSです。

1GBプランが月額880円で利用可能です。もちろん料金だけ見ればもっと格安な1GBプランを提供している会社もありますが、パフォーマンスという点では疑問があります。

Note 以下は 2021/07/28 時点での情報を基に記述しています。

スペックと料金

1GBプランの場合、CPUコア数2、SSD 100GBのスペックで月額880円と、ライバルのConoHaやカゴヤと比べても料金は抑えめです。

さくらとConoHaのメモリ1GBプラン月額比較
CPUディスク容量月額
さくら2SSD 100GB880円
ConoHa2SSD 100GB968円

※料金は消費税込みのものです。
※月額は1年未満の契約時のものです。
※最低契約期間は3ヶ月です。
※料金は最も利用料金が安い石狩ゾーンの料金です。

年間一括払いで更にお得

1年契約時(年間一括)では月あたり807円と更にお得な料金となります。ConoHaもVPS割引きっぷを使用した複数年契約が可能ですが、それでもさくらと月あたりの料金はほぼ変わりません

さくらとConoHaのメモリ1GBプラン年額比較
年額
さくら9,680円
(1ヶ月あたり807円)
ConoHa9,504円
(1ヶ月あたり792円)

※年額は1年契約時のものです。
※料金は最も利用料金が安い石狩ゾーンの料金です。

追加ディスク

追加ディスク(SSD)は100GBと200GBが用意されており、月額、年額は以下となります。ConoHaが200GBで月額2,750円であるのを考えると、さくらは月あたり約1,000円も安いのは驚きですね。

ディスク容量月額年額
SSD 100GB880円9,680円
SSD 200GB1,738円19,118円

ネットワーク環境

ネットワークは高速・大容量バックボーンを使用しており、日本国内の代表的なIXや数多くの大手ISPと東京・大阪・石狩で接続を行い、国内最大級のトラフィック配信能力を実現しているとのことです。(公式サイトより)

データ転送量

今では当たり前になってきていますが、データ転送量は嬉しい無制限です。

その他のサービス

ハイブリッド接続

「さくらのVPS」と「さくらのクラウド」などの異なるサービスやゾーン間をレイヤ2ネットワークで接続できるハイブリッド接続サービスを有しており、クラウドライクな構成も可能です。 機能ごとにサーバーを分け、冗長化が行えるため、大規模環境の構築にも向いています。

特に「さくらのクラウド」など他のサービスとの接続が可能な点がユニークですね。

Webアクセラレータ(CDN)

CDNサーバーによるキャッシュを使用したWebアクセラレータ(CDN)機能も魅力的です。

CDNを利用することで突発的なアクセス急増や日々の負荷軽減にも対応できる点は、さくらのVPSのコストパフォーマンス評価のポイントの1つになります。

まとめ

さくらのVPSは月額年額料金共に、スペックと料金のバランスが絶妙である点、追加ストレージが比較的低料金である点、利用者も多く信頼性は高い点などからコストパフォーマンスではトップレベルのVPSであることに疑いの余地はありません。

公開日時:2021年07月28日 11:41:25

なお、VPS選びで迷ったら、こちらの記事で主要VPSのメモリ容量ごとの月額、年額料金を比較していますので、是非参考にしてみてください。

VPS比較に戻る

このページのトップに戻る