Webminのインストール

カテゴリ:管理ツール

CentOS/Ubuntu 両対応

Linuxの代表的な無料の管理ツールである Webmin をインストールします。

Webminのインストールと起動

Webminのダウンロードページ(https://www.webmin.com/download.html)で最新のWebminパッケージのURLをコピーし、wgetコマンドでダウンロードします。

CentOS の場合:

# wget https://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin-1.980-1.noarch.rpm

Ubuntu の場合:

# wget https://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin_1.980_all.deb

インストールします。

CentOS 7 の場合:

# yum -y install webmin-1.980-1.noarch.rpm

CentOS 8 以降の場合:

# dnf -y install webmin-1.980-1.noarch.rpm

Ubuntu の場合:

# apt --fix-broken install
# apt-get install perl libnet-ssleay-perl openssl libauthen-pam-perl libpam-runtime libio-pty-perl apt-show-versions python unzip
# dpkg --install webmin_1.980_all.deb

Webmin を自動起動に設定します。

# systemctl enable webmin

Webmin を起動します。

# systemctl start webmin

Webminの言語設定

Webブラウザで Webmin を開きます。

https://VPSのIPアドレス:10000

[Webmin] > [Change Language and Theme] から言語を日本語 UTF-8 に変更します。
日本語化した状態。

注意初期設定では自己署名証明書が設定されています。後で [Webmin] > [Webmin 設定] > [SSL 暗号化] より、認証局での署名済み証明書を取得して置き換えておきましょう。

公開日時:2014年07月21日 11:33:01
最終更新日時:2021年08月23日 11:17:52

なお、VPS選びで迷ったら、こちらの記事で主要VPSのメモリ容量ごとの月額、年額料金を比較していますので、是非参考にしてみてください。

管理ツールに戻る

「管理ツール」に関する他の手順

「管理ツール」に関する他の手順はありません。

「管理ツール」に関するTips

「管理ツール」に関するTipsはありません。

このページのトップに戻る